読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

熱暴走のきろく。

自分の興味があることに関して書いていきます。主にPC関連、特にソニー。

Lubuntu 14.04LTS でキー割り当ての変更

押し間違えたり、使わなかったりで必要のないキーが多い日本語配列キーボードですが、キーマッピングを変えてしまえば快適になるかと思います。

 

WindowsではChgKeyなるソフトを用いていたのですが、Lubuntuでは設定ファイルを作成することで可能なようです。

今回は以下のように設定しました。

Insertキー → 無効化

カナかなローマ字キー → Windowsキー(右)

 

キーマップを確認する

自分の使っているキーボードによって設定が異なるようです。

xmodmap -pke

私が使用しているLogicoolのK310では以下のようになりました。

keycode 101 = Hiragana_Katakana Romaji Hiragana_Katakana Romaji

keycode 118 = Insert NoSymbol Insert

 カナかなローマ字キーは101、Insertキーは118番のようです。

 

マッピングを変えるファイルを作成

vi ~/.Xmodmap

設定ファイルを新規作成します。

keycode 101 = Super_R NoSymbol Super_R

keycode 118 =

 101には右Super(右Windowsキー)を割り当て、118には何も割り当てないように設定します。

あとはログインをしなおすか、以下のコマンドを実行するだけで完了です。

xmodmap ~/.Xmodmap

 

おつかれさまでした。

 

 

参考にさせていただきました

UbuntuでCapslockをEscキーに割り当て - adragoonaの日記